スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意識する事の大切さ
2014年03月12日 (水) | 編集 |
週末に学童チームの練習に参加してトスバッティングを見る事に。

新4年生以下のチームなんだけど、意識してる子は明らかに良くなっててビックリ!
1月に見た時はバット(ビヨンド)が重くて全く振れずどうしたものかと悩んだけど、その時ダメ元で説明したらその2週間後に良くなってた。

そして昨日見たらラインを合わせる確率があがってかなり安定してる。
親の力を借りずここまで意識し続けれる事に驚き。

高学年チームでは指摘したその時は良くなっても3週間もすればほとんどの選手が元に戻る。

一時期、軽いバットに変えようとしてたけど、その必要はないと自分のバットで振らせ続けた。
今は多分それほどバットの重さを感じてないと思う。
それは筋力がアップしたのではなく、スイングが良くなったから。

もう一人の子も安定してラインを合わしてる。

時間の関係で「今こうなってるから打てない。だからこうした方がいいよ」としか指導できない。
改善する為の練習方法を伝える事が出来ないのが痛い。
そんな半端な指導でも良くなってるんだからこの子らスゴイと思う。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。